自宅で仕事ができない場合の対処法

IT系の業界で働いている人の中には、会社員から独立をしてフリーランスへ転身する人がいます。フリーランスとして活動していく場合、自宅をオフィスとして使用するケースが一般的ですが、住宅事情で家に作業スペースが作れない人も少なくありません。また自宅で働いていると気持ちを切り替えられず、なかなか集中できないという人もいます。こうした悩みを解決してくれるのがコワーキングスペースです。

コワーキングスペースとはオフィスや会議室など様々な使い方ができる施設のことを言います。施設内にはコンセントやWi-Fiなどの基本的な物からプリンターや荷物を預けられるロッカーまで様々な設備が用意されているのが特徴です。これらは共同使用で利用料金に含まれているため、最小限の荷物だけで快適に作業ができます。また最近はキッズスペース付きのコワーキングスペースなど、さまざまな特徴を持ったコワーキングスペースがあるので、気になるなら調べてみると良いでしょう。

フリーランスとしてコワーキングスペースを有効活用する上で大事なポイントとなるのが利用契約です。コワーキングスペースの利用は月額制やドロップインなど複数の契約方法が用意されています。月額契約は文字通り1ヶ月単位で計算される固定料金を支払う方法で、混雑している時でも優先的に使用できるのが特徴です。とはいえ、月額と言っても24時間いつでも自分の好きなタイミングで使えるというわけではありません。場所によって月の利用回数や曜日が指定されていることもあるので、事前に確認することが大切です。それに対してドロップインはその都度お金を払うシステムになります。自宅での作業が中心で、クライアントとの打ち合わせや気分転換で月に数回別の場所で仕事をする目的で活用する人に最適な契約方法です。その反面、混雑時は断られてしまうこともあります。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031